日々、てくてくと。

本・漫画・ハロプロネタを中心に日々考えてることを気ままに。

【雑記】母の三年連用手帳。続けるということ。

 

今回は、今週のお題「2017年にやりたいこと」に沿って書いてみます。

 

私の性格を言葉で表すと「熱しやすく冷めやすい」が一番ぴったりとハマるだろう。昔馴染みの友人からは「猪突猛進だ」だとか「こうと決めたらそこに対する熱量がすごい」などとよく言われる。

受験勉強にしても、習っていたピアノにしても、好きな芸能人にしても。「これだ!」と思ったら寝る間も惜しんでのめり込むタイプだ。だが、続かない。その熱量もいつの間にか失われている。まさに「熱しやすく冷めやすい」性格なのだ。

そんな私だが、今回「2017年にやりたいこと」を考えたとき、「なにかひとつのことを一年間やり続けること」という考えがまず頭に浮かんだ。重要な「なにか」の部分については浮かんでいないのだが、とにかく「一年間つづけること」をやり遂げてみたいと思ったのだ。

そこで正月休みの帰省中、母に「なにか継続していることはあるか」とたずねてみた。「あるわよ」と意気揚々にたんすの奥から母がそのなにかを取り出す。それがこれだ。

 

f:id:tekuteku014:20170106235033j:plain

 

 3年連用手帳

「独身時代のは処分してしまったけれど福岡に嫁いだ24歳の頃からの分」と古びてヨレヨレになったものから真新しいものがずらりと並べられる。

 

博文館 手帳 2017 3年連用手帳 黒 No.060

博文館 手帳 2017 3年連用手帳 黒 No.060

 

 

ちなみに母が長年使っているのは博文館から出ているこちら。昔は黒色だけだったそうだが、最近では赤やゴールドも発売されており、どの色を買おうか迷う楽しみもできたらしい。

嫌がる母を横目に中身を拝読すると、娘が熱を出したやら息子が誰々と喧嘩したやらママ友とどこどこのランチに行ったやら。なんてない日常が箇条書きで書き込まれている。私自分が覚えていないようなことも母の手帳に記されており、「こんなことあったっけ?!」 と読むのが止まらなくなる。

続きを読む

【雑記】三江線、女ひとり旅!日本一乗客が少ない電車に揺られて。

 

あっという間に2017年。

12月は師走と言うだけあって本当に月日が経つのが早かったですね。

紅白歌合戦と格闘技番組を交互に見ながら、「2016年も終わるのか」と実感のわかないまま2017年を迎えました。

そんなこんなで「今年一年どんなことがあったかな」と、すでに年も明けていますが、振り返りを兼ねてYahooニュースの記事を漁っていたところ、こんな記事を見つけました。

 

zasshi.news.yahoo.co.jp

 

この記事の中で紹介されている芸備線という路線。

2016年の2月に乗車した経験のある路線でした。

ちょうど一年前くらいですね。

仕事で上手くいかないことが続いて気が滅入りそうになっていた時に、「単行電車に乗りたい!!!」と急に思い立ち、1日有給をとって2泊3日の女ひとり旅に出たんです。

ただし、旅のお目当ては記事にある芸備線ではなく、すでに廃線が決定している三江線だったのですが・・・。

思い立ったが吉日。

金曜日の夜に、仕事が終わった足そのままで深夜バスに乗り込み、広島に向かっていました。

Yahooニュースの記事を読んで懐かしい気持ちになったので、折角ですし、その時の旅について思い出しながら書きたいと思います。

 

f:id:tekuteku014:20170106002459j:plain

 

※尚、私が三江線に乗ったのは2016年2月で約一年前です。この時はまだ廃線が決定しておりませんでしたので時刻表や乗客の割合や様子など所々変わっていると思います。ご注意下さい。

 

続きを読む

【雑記】だから私は、指定席は選ばない(年末年始の新幹線で)

 

 ※今回のブログは、年末年始の帰省ラッシュが思いの外大変だったので、愚痴っぽくならぬよう小噺タッチで書いてみました。

 

1月4日。

正月の三ヶ日を実家で過ごし日常へと戻る人々で、JR博多駅のコンコース内はごった返していた。

指定席が取れず自由席になんとか座ろうとする人の列は長蛇を成し、この日のために雇われたのだろう。臨時の職員たちが「東京行き自由席の最後尾はこちらでーす!!」と声を枯らしながら叫んでいる。

あまりの列の長さに辟易とした表情を浮かべる者、思わず笑ってしまう者。それぞれがそれぞれの正月を過ごし、それぞれの思い出を作ったのだろうが、今この状況においては、ほとんどの者が同じことを思っているだろう。

「指定席を予約しておけばよかった」と。

続きを読む

【雑記】逃げ恥8話にみる親と娘のメタメッセージ(星野源のラジオを聴いて)

 

明日の逃げ恥9話を前に、星野源さんのラジオ「オールナイトニッポン」を聞く。朝は容赦なくやってくるというのに、夜更かしを満喫しているわけです。眠気まなこをこすりながら、ラジオを聞く。まさに、至福の時間ですよね。仕事のこととか考えない!(ちなみに一番好きなラジオ番組は「山里亮太の不毛な議論」で、radiko.jpは最も欠かせないアプリです)

 

f:id:tekuteku014:20161206033030j:plain

 

というわけで、夜な夜な星野さんの声に耳を傾けていたところ、逃げ恥8話のあるシーンについて、星野さんがこんなことを語っていました。印象的だったので、今回はこのことについて書きます。

 

 親と子の裏のコミュニケーション

※以下、「星野源オールナイトニッポン」より

※一言一句、抜き出せてはいません。 

 (星野さん)

 

もうひとつ、好きなシーンがあって。

みくりさんが、お母さんが骨折しちゃって、心配して実家に帰るわけです。で、お母さんは「帰ってこなくていい」と。で、お兄さんにも「帰ってこなくていいよ」って言うんですけど、みんな心配だから、息子や娘たちは帰ってくるわけですよ。で、みくりさんの友達も来たりしてね。

 

で、そんな中で賑々しく実家での数日があるわけですけど、1日かな?日にちが経って、お兄さん夫婦もみくりさんの友達も、みんな帰っちゃうんです。で、みくりさんだけが残る。

 

で、さくらさん(みくりの母)が「みんな帰っちゃって寂しいなあ」って言うんです。そうすると、みくりさんが、「来るなって言ったくせに」って。で、その後にさくらさんがみくりさんに向かって「ずっと居てもいいのよ」って言うんですよ。みくりさんと平匡さんが喧嘩していることを察しているうえで、、、(さくらさんが)「ずっと居てもいいよ」と言って、(みくりさんが)「うん」って言うんですけど、そのシーンがすごく好きで。

 

なぜ好きかというと、「ずっと居てもいいのよ」って言うことは「あなた帰りなさい」って言ってることなんですよ。特に、なんの説明もないんですよ??表情的に「あなたすぐ帰りなさい」っていう表情で言うんじゃなくて、本当に「ずっと居てもいいのよ」ってサラっと言うんですけど、、それを見て、ちょっとだけニコって笑うんだけど、ちょっとだけ何かを察したように、みくりさんが「うん」って言う。で、その後にみくりさんが帰るっていうシーンがあるんですね。

 

なんの説明もなく、母と子の裏のコミュニケーションがあるっていうシーンなんですよ、あれ。いやあ、凄いなあと思って。その台詞の順番もそうですけど・・・。

  

 

この星野さんの解説(というのかな?)を聴いて、ふと、頭によぎったことがあるんです。最近、私自身が転職をしたことは、このブログの随所に書いているんですけど、前職を辞めて新しい職場に入るまでの一ヶ月間、実家で過ごしてたんですね。

で、実家で過ごす最後の日。

いつもなら空港まで送ってくれるのは父か母かどちらか一方なんですけど、その日は父も母もついてきてくれたんです。犬の散歩がてら、とか何だとか言って。

空港に到着してからも、「駐車料金高いし、私を降ろしたら帰っていいよ」って言ったのに、わざわざ車を停めて、空港内までついてきてくれるんです。以前のブログに書いたように、父は相変わらずの作務衣+下駄スタイルで。

なんだか、大学進学の為に初めて実家を出て、東京に飛び立った日みたいでした。父も母も(もう亡くなってしまったけれど)祖父も祖母も兄まで、みんなで見送りに来てくれた日みたいでした。 

20半ばを超えたいい大人が、父と母に見送られるなんて何だか恥ずかしさもあったけど、嫌じゃなかったというか、何だかんだ嬉しかったんだと思います。

で、搭乗時刻になって別れるときに、まずは母が一言。

「ガムシャラにやってきなさいね」と。

で、続いて父が茶化すように一言。

「ダメやったらすぐ帰って来ていいっちゃけんね」と。

そんな父に、すかさず母が「なん言いよると。そんなすぐに帰ってきて貰っちゃ困る」と。それに対して父は「かかあは、恐ろしかあ」なんて笑ってましたけど。星野さんの話を聴いて、逃げ恥の8話を見直して、このときのやりとりを思い出したんですよね。 

 

“思い”と“言葉”の関係性

 

以前のブログでも、感情を言葉で表すことについて少しだけ書きましたが、今回のことを受けて、やっぱり感情と言葉の関係性って尊いなって思います。

感情を直接的に言葉で伝えるほうが良いときもあれば、直接的な言葉にしないほうが、より相手に真意が届くこともある。

まあ、あの父と母ですから、私が、彼らのあの日の言動から感じ取ったことを伝えたところで、「そんなこと考えとらんし!」とか言って、ガハガハと笑われそうですが・・・。ま、勝手に解釈するのも悪くないですよね。

 

さて、逃げ恥9話も楽しみですね!

ちなみに、ドラマをきちんと毎週通して見るのは数年ぶりです。

…それにしても、星野さんが役だけじゃなくてラジオでも“みくりさん”って呼び捨てにせずに呼んでるのなんかいいなぁ〜。

 

以上!

 

※ちなみに、両親 ・ 感情と言葉について書いたブログは以下※

 

 

【小説感想】『四月になれば彼女は』“なぜ人を愛するのか”理屈では説明できない問いと対峙する。

 

色鮮やかな装丁を施した本が並ぶ中、その一冊を手に取った。

天国に一番近い湖と言われるウユニ塩湖のグラフィックに白い文字でタイトルが綴られている。全体的に薄い色素のデザインは儚く消えてしまいそうで、けれども、確かな存在感を放っている。私はその本を無意識に手に取っていた。

作者は川村元気。2016年だけでも「怒り」「シン・ゴジラ」「君の名は。」などの大ヒット映画を世に送り出した敏腕プロデューサーだ。作家としても「世界から猫が消えたなら」や「億男」などベストセラーを出版している。そんな彼の最新作。読むしかないと、迷わずレジに向かった。

そして今。この本を読み終わり、私はどうしようもない孤独感に襲われている。恋愛小説を読み終わった後の「こんな恋がしたいなあ(うっとり)」という通常の感情が微塵もない。残ったのは孤独、それだけだ。

 

四月になれば彼女は

 

きっと今感じてる孤独も“いつの間にか消えていってしまう”儚いものだろうから、忘れないうちに本ブログに書き綴っておくことにする。(引用文などを含むのでネタバレが嫌いな方はご注意を)

 

『四月になれば彼女は』

あらすじ

本作は、 大学病院で精神科医として勤務する【藤代俊】の元に、一通の手紙が届くところから物語が始まる。差出人はかつての恋人【ハル】。大学生時代に交際していた、藤代にとって、初めて恋した相手だ。そんなハルからの突然の手紙。そこには、ハルが現在旅をしているという異国の情景や、大学生時代の藤代との思い出が綴られていた。そして毎回、その時々にハルが撮ったという一枚の写真が同封されていた。

なぜ“今”になって、かつての恋人からこのような手紙が届くのか。折しもその手紙が届いたのは、藤代が現在の婚約者【坂本弥生】との結婚を控えた1年前だったのだ。

同棲して3年。お互いの行動のタイミングは把握し合っている。コミュニケーションは滞りなく運ぶ。居心地も悪くない。結婚をするのは自然の流れだ。“けれども”。ふたりは、かれこれ2年以上セックスをしていない。そんな藤代と弥生の関係が、【ハル】からの手紙をきっかけに、変化し始める。

なぜ人を愛するのか。なぜそれが失われていくことを止められないのか

藤代と弥生とハル、そして、“夫とセックスレスが続く”弥生の妹、“今後一切、男性と触れ合うことはないと決意した”職場の後輩、“ゲイだと噂されている”友人など、藤代の学生時代の懐古シーンを挟みながら、様々な人物たちの愛のカタチを問う12ヶ月間が始まる。

 

 なぜ人を愛するのか。理屈では語れない問いと対峙する。

本作を読んでいる時、部屋の外から工事現場の音がかすかに聞こえてきた。邪魔だと思った。この作品を、何の音も感じない空間で読みたいと思った。分かりにくいかもしれないが、私は本作を、一面が真っ白な壁に覆われた窓ひとつない部屋で、どこかにあるはずの出口を探しているような、そんな気持ちで読み進めていた。 音ひとつない色ひとつない場所で、そもそも答えが何なのか、どこにあるのかも分からないまま、でも探し続ける。そんな感覚を終始抱いていた。

恋は風邪と似ている。風邪のウイルスはいつの間にか体を冒し、気づいたら発熱している。だがときが経つにつれ、その熱は失われていく。熱があったことが嘘のように思える日がやってくる。誰にでも避けがたく、その瞬間は訪れる。(P61)

「結局わたしが彼のことを男性として見たことはなかったんだと思う。あのはじめてのセックスのときですら」(P75)

「セックスによって愛を確認することなんてできないと思っているんでしょうね。確かに、それが愛のあるものなのか、愛のないものなのかは、どこまでもわからない」(P208) 

「やっぱり僕は自分がいちばん大事なんですよ。それなのに誰かとずっと一緒にいるとか無理がありません?」(P241) 

 けれども、人は恋をする。

けれども、人はセックスをする。

けれども、人は結婚をする。

本作には、理屈では簡単に説明できない、“けれども”がたくさん詰め込まれている。不変の愛など存在しない。“けれども”、「なぜ人は人を愛するのか」という難問を、冒頭から最後まで突きつけられ続けるのだ。まるで哲学だ。

だからだろう。上述したような、手探りの状態で居続ける心地を覚えたのは。

 

動物、人工知能、そして、死

小説を読むとき私は、作者はなぜこのタイミングでこのキーワードを絡めてきたのだろうと考えることが多々ある。本作のテーマにどう関係しているのだろう、と。

私にとって本作のそのキーワードは、「動物・人工知能・死」であった。まず、「動物・人工知能」というキーワードが、「なぜ人は人を愛するのか」というテーマに、重みと、かけがえのなさを与えているように感じた。

「動物とは性格の不一致とか、価値観の違いでぶつかることもないだろうし、案外いいのかもしれない」

弥生はひとりごとのように言うと、おしぼりで口を拭いた。

「意思の疎通ができないことが、永遠の愛につながるのかも」

藤代は眉を下げながら同意した。(P180)

果たして、人工知能愛する人に嫉妬するのだろうか。人の過ちを大目に見たり、水に流したりできるのだろうか。(P155) 

 人と動物や人工知能とでは、何が違うのか。明確な答えが綴られているわけではないが、そこに重要なヒントがあるように思わされる。

そしてもうひとつ。死というキーワードについて。

本作では、ある人物の死が描かれているのだが、そのことによって、恋愛と生の関係が色濃く浮き上がってくる。人は必ず死ぬ。“けれども”、生き続ける。いつか死ぬとわかっていても生きる。恋愛もだ。恋愛もいつかは終わりを告げる。“けれども”、人は人に恋をする。

じゃあなぜ生きるのか。じゃあなぜ恋をするのか。

まるで答えのない問いに、作者はどう答えるのか。ぜひ本書を手にとって、読み解いてほしい。

 

孤独を感じた理由

冒頭私は、本書を読んで「孤独を感じた」と書いた。それはなぜか。それは、私は誰かのことを焦がれるほど好きになったことがないからだ。弥生の言葉を借りれば、「誰かを思って胸が苦しくなったり、眠れないほどに嫉妬したり、そういうこと(P30)」をしたことがないからだ。そんな私を揶揄するような一節もまた、本作には含まれている。

例えば、離婚した父について母が語った言葉。

お父さんが他人を受け入れることができなかったのは、自分のことがよくわからないからなのよ。(P239)

そして、ゲイと噂される藤代の友人が語った言葉。

でも僕、思うんです。人は誰のことも愛せないと気づいたときに、孤独になるんだと思う。それって自分を愛していないってことだから。(P247) 

なんだか図星をさされたようで。本作で最も印象に残ったシーンかもしれない。とはいえ、一晩寝ればこの孤独感もケロッと失ってしまうのだろうが。。。

 

四月になれば彼女は

「四月になれば彼女は」という題名は、1960年代に活躍したアメリカ人の歌手“サイモン&ガーファンクル”の歌のタイトルらしい。サイモン&ガーファンクルといえば、中学のときに英後の授業で「明日に架ける橋」を練習したなあと、懐かしい気持ちになった。

私は小説に実在する音楽が出てくるのが好きだ。村上春樹ボブ・ディランも然り、伊坂幸太郎ローランド・カークもまた然り。

「四月になれば彼女は」は初めて聴いたが、サイモン&ガーファンクルの甘くて淡い声に、これから数週間はどっぷりとハマることになりそうだ。 

 

Sounds of Silence (Exp)

 

おわりに

願わくば、本作を「誰かを思って胸が苦しくなったり、眠れないほどに嫉妬したり、そういうこと」 ができる相手と出会ったときにもう一度読み返したいなと思う。

そして、その相手との愛情が薄らいでくるようなことがあろうものなら、ふたりで、この物語を読み返したい。そう思った。 

 

以上!

四月になれば彼女は

四月になれば彼女は

 

 

同著者の別作品については以下。 

tekuteku014.hatenadiary.com

 

 

【雑記】暖房いらずで電気代節約!ニトリで叶える冬のあったか生活

普段から私は、あまり考えずに衝動買いをしてしまう傾向があります。買った直後は大満足なんだけど、家に帰って袋から取り出す頃には既に興味がなくなっている、なんてこともしょっちゅうです。ひどい時には袋から取り出さないまま放置することもあります。いわゆる、“お買い物中毒な私”ですね。

そんな私が、この冬「本当に買ってよかった!!」と思えたものがあるんです。ちょうど、今週のはてなブログのお題が「今年、買ってよかった物」だったので、便乗して書いてみることにします。

今週のお題特別編「今年、買ってよかった物」(2016年を買い物で振り返ろう

それは、ズバリ。

ニトリのNウォーム寝具です。つまり、ニトリで購入できる超あたたかい布団のことです。これを購入して、私のこの冬の生活がガラリと変わりました。大袈裟に聞こえるかもしれませんが、事実です。

ということで、「部屋がとてつもなく寒いけど、暖房つけて電気代高くなるの嫌だし。そもそもエアコンまだ掃除してないし。面倒くさいし。あー、でも寒い」なんて悩んでいる方へおすすめさせて頂きます。

念のため書いておきますが。決してニトリさんの回し者でも、アフェリエイト狙いでもないので、安心してご覧ください。そもそも「記事数がまだ足りません」とかなんとかでアフェリエイト申請したのにお断りされているので。涙

 

「部屋がとにかく寒い。でも電気代節約したい」

 

購入を決めたきっかけはまさにこれ。この秋、私は転職をしたのですが、それにより給料が減少。いつもなら「寒くなってきたし、暖房、暖房♪」なんて気軽にエアコンを稼動させてたのですが、今年は「電気代がかさむ」ことに恐怖を覚えているのです。

ただ、冬は容赦なくやってくる。

他の部屋より家賃が1万安いからと、安易な気持ちで北向きの部屋を選んだ私にとって、この部屋の冬の寒さは尋常じゃないわけです。

(※実家の母とのLINEでのやりとり)

 

f:id:tekuteku014:20161203141459j:plain

 

そんな私に舞い込んできた「11月の降雪予報」。ついにエアコンをつける時が来てしまったか・・・。と、謎の敗北感を背負いながらテレビを見ていると、「お値段以上♪ニトリのCMが。そこには、“家族にも愛犬にも冷たくあしらわれ落ち込む男性が、ニトリの寝具の暖かさに救われる”という、涙なしでは見られないストーリーが描かれていました。

「これだ…!」いつものように衝動的な物欲に駆られ、気づけばニトリ銀座プランタン店へ。なんの躊躇もなくNウォーム寝具を購入していました。(電気代はケチるのに散財癖は治そうとしない矛盾)

 

もこもこ、あったか。まさに“お値段以上、ニトリ♪”

今回私が、Nウォーム寝具シリーズの中で購入したのはこちら。

www.nitori-net.jp

敷きパッド。

残念ながら、敷布団や掛け布団を購入する財力がなかったので、一番お手軽に手に入る敷きパッドを購入しました。シングルサイズで2769円(税別)です。

これが、とにかくモコモコふわふわの肌触り。

 

f:id:tekuteku014:20161203143646j:plain

 

成分のことはよくわかりませんが、ニトリさんの公式表記によると、羽毛ポリエステル100%とのこと。ちなみに、洗濯OKという嬉しいオプションつき。思わず肌を撫でつけたくなるような、フリース生地です。

で、肝心の暖かさですが。暖房いらずのあたたかさです。なんてったって、きたる11月24日、観測史上54年ぶりとなる東京で11月に雪が降った日。

私は、勝利しました。

エアコンに頼らず、暖房をつけることなく、この日の寒さをしのぐことができたのです。この、ニトリNウォーム寝具という最強の武器のおかげで。(with湯たんぽ)

というわけで。

「電気代でお金が飛ぶなんて許せない」

「エアコン掃除するのめんどうくさい」

「・・・だが、寒い」

なんて頭を悩ませている方いらっしゃいましたら、ぜひニトリへ。

ちなみに、このニトリのNウォーム寝具シリーズですが、メリットばかりでなくデメリットもあるので以下記載しておきます。

ニトリNウォーム寝具を購入する際の注意事項

暖かいのは布団の中だけ

残念ながら、このNウォーム寝具。まわりの温度をあげる機能は備わっていないため、「寒い!」と思ったら布団の中にいる必要があります。つまり、行動範囲が布団の中に限られてしまいます。

 

f:id:tekuteku014:20161203144514j:plain

 

テレビを見るのも布団の中、本を読むのも布団の中、携帯いじるのも布団の中、ブログを書くのも布団の中。常に、写真のような体勢でいることになります。(今まさに布団の中でブログ更新中)  

 なかなか起きられない

 朝目覚めても、あまりの暖かさに布団から出たくないので、二度寝三度寝を繰り返してしまいます。気づけば、出勤に間に合うギリギリの時間。Nウォーム寝具を手に入れたことによって、優雅な朝の支度時間を手放すことになります。

休日に友達が泊まりにこようもんなら、なかなか布団から出てこずに、いつまで経っても帰ろうとしないため、ちょっと険悪なモードになります。

ご注意ください。 

 兎にも角にも、電気代節約は間違いなし!

とまあ、デメリットも紹介しましたが。

本来の目的である「電気代節約」の観点からすると、この冬エアコンやこたつといった暖房器具にはまだ頼っていないので、目的は果たせているかと思います。

 

f:id:tekuteku014:20161203150240j:plain

 

ニトリ万歳!Nウォーム寝具万歳!

ニトリの回し者ではございません※

最後に、都心に住んでいる方へ朗報です。

プランタン銀座の閉店に伴い、「車なしで行けるニトリがまだひとつ減ってしまう…」と肩を落としていることかと思いますが、なんと!12月1日に!新宿に!ニトリ高島屋新宿店がオープンしました!!車がなくてもニトリにいけちゃいますよ!

 

www.nikkei.com

ということで、今週のお題特別編「今年、買ってよかった物」(2016年を買い物で振り返ろう)でした!

他にも電気代を節約できる冬のあったか術を知っている方いましたら、ぜひ教えてください。すぐに実践します。

 

【モーニング娘。】その表現力に酔いしれて

 

女優を志している友人にモーニング娘。のコンサートDVDを観せてみた。というより彼女が泊まりに来たので、お構いなしにモーニング娘。のDVDを流し続けていたら、いつの間にか夢中になって観てくれた。

そして観終わった後に一言。「表情がたまんないね」と。

大学生の時、仲良くなったばかりの子に「ここ!ここのね表情がたまんないの!観て!この視線!」と力説したらドン引きされたのを思い出した。

そんな苦い経験があったからか、モーニング娘。のファンでもない彼女が、そんな風に言ってくれたことが嬉しかった。しかも、女優を目指している彼女がそう言ってくれたことが、なんだかたまらなく嬉しかった。

確かに、コンサートDVDを観ていて思うことがある。「今この子、曲の世界に入り込んでるなあ。たった4分の中で演じてるんだなあ」と。そして、メンバーたちが見せるいつもと違った表情に、いつの間にか魅了されている自分がいる。

 

 演じる娘。たち

※ここからは結構な変態度でお送りします※

※画像が荒くてごめんなさい※

1曲の長さは約5分。その短い時間で曲の中の人物になりきり、演じるメンバーたち。歌声で演じるメンバーもいれば、ダンスで演じるメンバーもいる。今回はさまざまな表現方法がある中で【表情】にスポットを当ててみる。

まずは私にとってのレジェンド。OGより高橋愛ちゃん!

 

f:id:tekuteku014:20161130231854j:plain

 

挑発的な表情から苦悩する表情、恋人のことが好きで好きで我慢できないとでも言うような甘い表情。まさに変幻自在。

コンサート中、高橋愛という一人のアイドルを通して、一体何人の女の子と出会うことができるんだろう。サビに入る前、一瞬だけ伏せるまぶた、振り返った瞬間に遠くを突き刺す強いまなざし。視線の使い方ひとつさえとっても、目が離せない。

 

f:id:tekuteku014:20161130232930j:plain

 

続いても、OGより道重さゆみちゃん。(祝!道重さゆみ再生)

彼女は本当にズルい。ズルい女だ。THEアイドルなぶりっこ表情でファンを油断させたかと思うと、急に女性の顔に豹変する。どこか哀愁が漂う、そんな表情を浮かべてファンを魅了する。さっきまでのぶりっこ少女はどこに行ったのだと、惑わされる。これが長年ソロパートをもらえずにこつこつと歌声以外の表現力も磨いていった彼女の為す技なのだろうか。

 

f:id:tekuteku014:20161130233823j:plain

 

現役からは石田亜佑美ちゃん。石田の最大の持ち味と言えば“ ダンス ”だが、最近では表情による表現が凄まじいように思える。表情というより、視線の強弱に魅了される。一点を力強く睨み付けたり、いたずらに流してみたり、上から見下してみたり。二十歳を目前に、女性としての色っぽい視線も加わり、ますます目が離せなくなりそうだ。

 

f:id:tekuteku014:20161130234720j:plain

 

最後は。今回の新曲で見事センターを務めた牧野真莉愛ちゃん。彼女の場合は、自分の魅せ方がしっかりと分かっているように思える。カメラに抜かれる瞬間、自分の一番可愛い表情を瞬時に作り出せる。そういったアイドルとしての天性の才能が備わっているように思える。ただし、モーニング娘。でセンターを継続していくにはそれだけじゃ武器が少なすぎる。あどけなさ、色気、強さ、哀愁。持ち前の才能をどんどん磨いて牧野真莉愛にしか表現できない世界をもっともっと広げていってほしい。期待の意を込めて!

 

試しに鏡の前で歌ってみた

 

「表情をつくるのなんて簡単なのでは?」そう思って、試しに鏡の前でハロプロの歌を歌ってみた。結果、撃沈。どんなに気持ちを込めて歌ってみても、表情に出て来ない。出たとしても、人に見せられるもんじゃない。人を魅了するような表情で曲の世界観を表すって、決して簡単なことではないことを身をもって学んだ。

ちなみに、今回の試みを実行する中で、「ひとりで何やってんだ」と途中虚しくなったが「誰も見てないしいいや」と開き直って全力で楽しんだ。

 

5分の中で演じきる

 

思えば、アイドルを引退して女優に転向することは決して珍しくない。実際に転向して活躍している人も多くいる。(ハロプロだとガキさんとか真野ちゃんとかめいめいとか)

きっと、映画や舞台に出演したことがキッカケでお芝居にハマったのだろうが、潜在的には、アイドルとして5分という短い尺の中で、その曲がもつ世界観を表現しようと日々演じているのも確かに影響していると思う。

演じるというのは、必ずしも女優や俳優だけが行うものではない。アイドルだって日々演じている。そんなところに、今日もまた私は魅了され、彼女たちにどっぷりとハマっていくのだろう。

※表情を抜粋した曲リスト※

高橋愛

なんちゃって恋愛 / しょうがない夢追い人 / give me 愛 / この愛を重ねて

道重さゆみ

しょうがない夢追い人 / 彼と一緒にお店がしたい / Fantasyが始まる / Help me!!

【石田あゆみ】

女が目立ってなぜイケナイ / しょうがない夢追い人 / 愛して愛して後一分

牧野真莉愛

そうじゃない / ね〜え?

 

最後に

 

モーニング娘。'16

祝!

オリコンウィークリーランキング1位!!

セクシーキャットの演説/ムキダシで向き合って/そうじゃない(初回生産限定盤A)(DVD付)

セクシーキャットの演説/ムキダシで向き合って/そうじゃない(初回生産限定盤B)(DVD付)

【Amazon.co.jp限定】セクシーキャットの演説/ムキダシで向き合って/そうじゃない(C)(Amazon.co.jp用絵柄オリジナルポストカード付)