読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々、てくてくと。

本・漫画・ハロプロネタを中心に日々考えてることを気ままに。

【モーニング娘。】その表現力に酔いしれて

モーニング娘。 ハロプロ 音楽

 

女優を志している友人にモーニング娘。のコンサートDVDを観せてみた。というより彼女が泊まりに来たので、お構いなしにモーニング娘。のDVDを流し続けていたら、いつの間にか夢中になって観てくれた。

そして観終わった後に一言。「表情がたまんないね」と。

大学生の時、仲良くなったばかりの子に「ここ!ここのね表情がたまんないの!観て!この視線!」と力説したらドン引きされたのを思い出した。

そんな苦い経験があったからか、モーニング娘。のファンでもない彼女が、そんな風に言ってくれたことが嬉しかった。しかも、女優を目指している彼女がそう言ってくれたことが、なんだかたまらなく嬉しかった。

確かに、コンサートDVDを観ていて思うことがある。「今この子、曲の世界に入り込んでるなあ。たった4分の中で演じてるんだなあ」と。そして、メンバーたちが見せるいつもと違った表情に、いつの間にか魅了されている自分がいる。

 

 演じる娘。たち

※ここからは結構な変態度でお送りします※

※画像が荒くてごめんなさい※

1曲の長さは約5分。その短い時間で曲の中の人物になりきり、演じるメンバーたち。歌声で演じるメンバーもいれば、ダンスで演じるメンバーもいる。今回はさまざまな表現方法がある中で【表情】にスポットを当ててみる。

まずは私にとってのレジェンド。OGより高橋愛ちゃん!

 

f:id:tekuteku014:20161130231854j:plain

 

挑発的な表情から苦悩する表情、恋人のことが好きで好きで我慢できないとでも言うような甘い表情。まさに変幻自在。

コンサート中、高橋愛という一人のアイドルを通して、一体何人の女の子と出会うことができるんだろう。サビに入る前、一瞬だけ伏せるまぶた、振り返った瞬間に遠くを突き刺す強いまなざし。視線の使い方ひとつさえとっても、目が離せない。

 

f:id:tekuteku014:20161130232930j:plain

 

続いても、OGより道重さゆみちゃん。(祝!道重さゆみ再生)

彼女は本当にズルい。ズルい女だ。THEアイドルなぶりっこ表情でファンを油断させたかと思うと、急に女性の顔に豹変する。どこか哀愁が漂う、そんな表情を浮かべてファンを魅了する。さっきまでのぶりっこ少女はどこに行ったのだと、惑わされる。これが長年ソロパートをもらえずにこつこつと歌声以外の表現力も磨いていった彼女の為す技なのだろうか。

 

f:id:tekuteku014:20161130233823j:plain

 

現役からは石田亜佑美ちゃん。石田の最大の持ち味と言えば“ ダンス ”だが、最近では表情による表現が凄まじいように思える。表情というより、視線の強弱に魅了される。一点を力強く睨み付けたり、いたずらに流してみたり、上から見下してみたり。二十歳を目前に、女性としての色っぽい視線も加わり、ますます目が離せなくなりそうだ。

 

f:id:tekuteku014:20161130234720j:plain

 

最後は。今回の新曲で見事センターを務めた牧野真莉愛ちゃん。彼女の場合は、自分の魅せ方がしっかりと分かっているように思える。カメラに抜かれる瞬間、自分の一番可愛い表情を瞬時に作り出せる。そういったアイドルとしての天性の才能が備わっているように思える。ただし、モーニング娘。でセンターを継続していくにはそれだけじゃ武器が少なすぎる。あどけなさ、色気、強さ、哀愁。持ち前の才能をどんどん磨いて牧野真莉愛にしか表現できない世界をもっともっと広げていってほしい。期待の意を込めて!

 

試しに鏡の前で歌ってみた

 

「表情をつくるのなんて簡単なのでは?」そう思って、試しに鏡の前でハロプロの歌を歌ってみた。結果、撃沈。どんなに気持ちを込めて歌ってみても、表情に出て来ない。出たとしても、人に見せられるもんじゃない。人を魅了するような表情で曲の世界観を表すって、決して簡単なことではないことを身をもって学んだ。

ちなみに、今回の試みを実行する中で、「ひとりで何やってんだ」と途中虚しくなったが「誰も見てないしいいや」と開き直って全力で楽しんだ。

 

5分の中で演じきる

 

思えば、アイドルを引退して女優に転向することは決して珍しくない。実際に転向して活躍している人も多くいる。(ハロプロだとガキさんとか真野ちゃんとかめいめいとか)

きっと、映画や舞台に出演したことがキッカケでお芝居にハマったのだろうが、潜在的には、アイドルとして5分という短い尺の中で、その曲がもつ世界観を表現しようと日々演じているのも確かに影響していると思う。

演じるというのは、必ずしも女優や俳優だけが行うものではない。アイドルだって日々演じている。そんなところに、今日もまた私は魅了され、彼女たちにどっぷりとハマっていくのだろう。

※表情を抜粋した曲リスト※

高橋愛

なんちゃって恋愛 / しょうがない夢追い人 / give me 愛 / この愛を重ねて

道重さゆみ

しょうがない夢追い人 / 彼と一緒にお店がしたい / Fantasyが始まる / Help me!!

【石田あゆみ】

女が目立ってなぜイケナイ / しょうがない夢追い人 / 愛して愛して後一分

牧野真莉愛

そうじゃない / ね〜え?

 

最後に

 

モーニング娘。'16

祝!

オリコンウィークリーランキング1位!!

セクシーキャットの演説/ムキダシで向き合って/そうじゃない(初回生産限定盤A)(DVD付)

セクシーキャットの演説/ムキダシで向き合って/そうじゃない(初回生産限定盤B)(DVD付)

【Amazon.co.jp限定】セクシーキャットの演説/ムキダシで向き合って/そうじゃない(C)(Amazon.co.jp用絵柄オリジナルポストカード付)